BLOG

くりーむぱんだメンバーが情報をお届け!
04 9月 2018

大好きだということを

今日も夜更かしをしています、こーちゃんです。
映画を観てきました。
「ペンギン・ハイウェイ」という映画です。森見登美彦さん原作の映画です。
それなりに映画を観る方なんですが、今年観た映画の中でいちばんよかったです。
予備知識なしで見たんですが、完全に油断してて、最後には泣いてしまいました。泣かされるなんてまったく思ってもみなかった…。
お話の展開も面白かったし、映像も綺麗だったし、音楽もよかったし、声もよかったし、主題歌もよかったし、こんなにいい映画なのにもう公開終了しちゃうの?もったいないしみんな見た方がいいよ…!という思いがすごく溢れました。
不思議な夏の物語、とっても素敵なお話、映画でした。
Blu-rayが発売されたら買って何度も見ようと思います。

三日坊主にならないよというアレです。
先月のライブの思い出し日記を書いています。
1本目はオープニングアクトのSky Boyzのことを書いたこちら
https://www.creampanda.jp/blog/dekirumon7-skyboyz/

今日はその後、ひとりでできるもん!ごめんやっぱ嘘。Vol.7
本編のレポを何回かに分けて書こうかなと思います。

本編最初は私 浦川光一 の弾き語りによるソロステージからスタート。
この構成は毎回恒例になっています。

今回は「耳たぶ」「N E K O」「半袖」を歌いました。

「耳たぶ」はくりーむぱんだの作品「WINTER of PANDA」に収録されている管楽器をフィーチャーした冬のバラードです。
くりーむぱんだの楽曲の中でも個人的にかなり上位に好きな曲です。
原曲は、繊細なヴォーカルに少し重めのバンドサウンドに後半から管楽器が入ってくるドラマティックな展開が楽しめる曲です。
「耳たぶ」をテーマにこんな切ない歌詞、曲を書けるゆとにゃんは素晴らしいです。

「N E K O」は、バンド結成最初のライブでも披露したくりーむぱんだ初期のナンバー。
普段はゆとにゃんが歌っていますが、共作詞をした僕も歌ってみようかなと思いつきで今回は演奏しました。
作曲は樹原孝之介。短い曲ですが、何度も何度も転調していく難度の高い曲です。
猫の鳴き真似をしながら弾き語りするのはなかなか難しかったです。笑
現在CDは廃盤になってしまっているので、聴きたいと思ってくれる方がいましたら再録しますので声をあげてくれると嬉しいです。笑

「半袖」は、エリさんに提供した曲。
前回のひとりでできるもんVol.6ではへいまるくんがカバーしてくれたこの曲を今回はセルフカバーさせていただきました。
大好きなあなたとお揃いで買った半袖。たくさん着たから襟が緩んでクタクタになってパジャマになってしまった半袖。
些細なことで別れてしまったけれど気持ちはまだあなたにあって、今日もあなたに包まれて眠る。といった曲です。

僕は自分で書いた曲の中でもこの曲がとってもお気に入りで、すごく大切にしている曲です。
エリさんに歌ってもらうために書いた曲なので、彼女が歌うこの曲がベストです。僕が歌うよりも断然いいです。
エリさんが歌っているのをまたいつか聞いてもらえる日のために僕はこの曲を歌い継ぎます。
また歌いに来てね!エリさま!

いつでも会える距離にいたならもっと大事にすればよかった。
後悔しないように大事な人には愛を伝えていきたいですね。

そしてゲストヴォーカルとのコラボコーナー
1人目のゲストは毎度おなじみ最多出場 わる。
今回は楽器を弾かないので珍しい出演形態です。ヴォーカルとして出演依頼してみました。

わるとはこの企画を始めてからは特に親密な関係になり、プライベートで遊びに行くとかはありませんが、同じバンドを組んでいるわけでもないのに音楽の場ではしょっちゅう一緒にいる変な仲です。
あまり同い年の知り合いがいない私ですが、貴重な同い年の仲間ということでなんだか仲良くしてもらっています。
次回ライブではバンドメンバーとして参加してくれるので要チェックです!

わるさん、ヴォリュームセヴンでは
空想委員会「マイヒーロー」 そしてオリジナル曲「Bye-Bye Good-Bye」を僕のピアノと共に歌ってくれました。

空想委員会「マイヒーロー」
今回やりたいとわるからリクエストがあって初めて聞いたこの曲ですが、僕もとても好きになりました。
優しく隣に寄り添ってくれるような曲です。

そしてわるのオリジナル曲「Bye-Bye Good-Bye」
普段は主にバンドでやっている曲なのでどうやって厚みとか元気さとか出そうかなってちょっとしんどかったです。笑
僕もステージでわるが歌っているのを何度も見てきたこの曲なので、初めて演奏に関われるのは少し嬉しかったですね。

気持ち悪いなーとか普段は思ってるんですが、彼が所属するバンド”はろおん研修生”のライブとかみてると普通にかっこいいし、ダンスとかすぐに覚えるし、真面目な性格だし、困ったときは助けてくれるし、気持ち悪いけどいいやつです。気持ち悪いけど。

ゲストヴォーカルとのコラボコーナー
2人目のゲストはこの企画初登場の たっく。さん。
音楽では普段はアカペラをやったりしているそうな。遠くて疲れたろうに福島県から参加してくれました!

プライベートで普通に仲良しなたっく。くんなんですが、先日遊びに行った時に一緒になんかやろっか!いややるよね?出るか出ないか。出るね?と僕の無茶振りを受けて出演してくれた、優しいたっく。くん。笑
彼も貴重な同い年の仲間です。

今回たっく。くんが出演してくれるにあたって彼の恋愛半生を聞いてオリジナルソングを書いてみました。
思い出を語ってもらって、その話をもとに「僕らの音」という曲を作りました。
作詞は思い出トークをしてもらっているときにそばにいたゆとにゃん、作曲は僕です。
爽やかな高校生時代の恋愛をもとに夏の風を感じてもらえるような楽曲に仕上げたつもりです。
結構いい曲になったなーと思っているので、そのうちライブにこられなかった皆さんにも聞いてもらえるようにできればなと思ってます。

そして2曲目に選んでくれたのはくりーむぱんだ2nd Albumより「夏の向こう」
数年前のワンマンライブでその場に居合わせたお客様からキーワードをもらい、いただいた言葉を全て使ってゆとにゃんが作詞し、樹原孝之介がその場で作曲し、その場でバンドメンバー全員が覚え、バンドで演奏するというまあまあ無茶な企画をやって生まれたこの曲。

「チョコレートクランチ」「甲子園」「行ってないけど海」「ゲリラ豪雨」など計20以上のワードをゆとにゃんが見事に使い切った素晴らしい曲です。曲もその場ですぐに作ったものに素敵な曲になっていてふたりの才能を感じます。
そんな思い出深い曲をたっく。くんが気に入ってくれて演奏する運びとなりました。
普段は樹原孝之介がピアノを弾いている曲を、ピアノ1本でヴォーカルさんとやる……しかも本人が見てる……という地獄のような状況で笑  演奏しました。

自分以外の人が自分の曲を歌っているのを見ると、アァなるほどそういう解釈もあるのねと勉強になったりします。
僕とは違う魅力があったんじゃないかなと思います。

というわけで今回は僕のソロコーナー、わる、たっく。のステージについて書かせていただきました!
次回のライブまであと11日!
ちゃんと全部振り返ってからライブを迎えることができるのか乞うご期待!笑


2018.8.10
ひとりでできるもん!ごめんやっぱ嘘。Vol.7
セットリスト 前半

  1. 耳たぶ (くりーむぱんだ) / 浦川光一
  2. N E K O (くりーむぱんだ) / 浦川光一
  3. 半袖 (エリ) / 浦川光一
  4. マイヒーロー (空想委員会) / わる
  5. Bye-Bye Good-Bye (わる) / わる
  6. 僕らの音 (たっく。) / たっく。
  7. 夏の向こう (くりーむぱんだ) / たっく。

そんなこんなでいうてる間に迫っております次回のライブ!
アイドルソングにスポットを当ててたくさん演奏していきますよー!
歌、生バンドでの演奏はいつも通りでもちろん!ダンスもいっぱいやります!
重い体を揺らしながら頑張って練習しています!
結構しんどいので2度目はきっとないから見逃さないように見に来てくれると嬉しいです!笑


次回ライブ詳細は
9/15
ひとりでできるもん!ごめんやっぱ嘘。Vol.8
~アイドルソングスペシャル~
会場: 代々木Barbara
Open 18:00 / Start 18:15
Ticket:  Adv ¥2,400(+1drink) / Door¥3,000(+1drink)
https://www.creampanda.jp/event/hitoride-8/

チケットのご予約、ご購入は浦川光一にTwitter等で直接連絡、もしくはオフィシャルホームページのチケット予約フォームから!
チケット数に限りがあります!ご予約ご購入はお早めに☆

 

つたえる // くりーむぱんだ - PANDA BOX
  1. つたえる // くりーむぱんだ - PANDA BOX
  2. Hand in Hand // くりーむぱんだ - PANDA BOX
  3. View of Life // くりーむぱんだ - PANDA BOX
  4. 蓬 // くりーむぱんだ - PANDA BOX
  5. Fallen // くりーむぱんだ - PANDA BOX
  6. 心をつないで // くりーむぱんだ - PANDA BOX
  7. 参考書 // くりーむぱんだ - PANDA BOX
  8. Sunset Beach // くりーむぱんだ - PANDA BOX
  9. You’re My Best Friend // PANDA BOX
  10. 星空ランデヴー // くりーむぱんだ - PANDA BOX
  11. 泣いたってヨコハマ // くりーむぱんだ - PANDA BOX
  12. Wings, Gemstone, My Hands // くりーむぱんだ - PANDA BOX
  13. Pandaful world // くりーむぱんだ - PANDA BOX